TOPページ > ドキュメントおよびクッキー
ドキュメントおよびクッキー

ドキュメントおよびクッキー

ブログでも使える簡単なJavaScriptをご紹介します。JavaScriptを使えば、マウスが重なったときに色や表示内容を変えるなど、ページを動的に変化させることができます。

HTMLは基本的に大文字でも小文字でもかまいませんが、JavaScriptは大文字・小文字を区別しますので ソースは正しく記述しましょう。

ドキュメントおよびクッキー 項目一覧

ホームページやブログなどのウェブサイトに 簡単な JavaScript を使って 閲覧者の訪問回数を表示することができます。ブラウザのクッキーにデータを保存した...

2006年04月23日

ホームページやブログなどのウェブサイトに 簡単な JavaScript を使って 閲覧者の訪問回数を表示することができます。ブラウザのクッキーにデータを保存したり、クッキーからデータを読み込んだりします。

閲覧者のブラウザの設定がクッキーを無効としている場合は、クッキーへの書込みは行えません。

クッキーには通常 有効期限を設定します。これにより、「1日のみ有効なクッキー」とか、「1年間有効なクッキー」などの指定が可能ですが、保存できるクッキーの数やサイズはある程度限られており、これを超えた場合、有効期限にかかわらず古いものから削除されます。

有効期限の設定されていないクッキーは、ブラウザを閉じたときに消去されます。

1つのブラウザが保持できるクッキーの最大数は 300 で、なかでも同じドメインのページから書き込まれたものは 20 までです。また、1つのクッキーの最大サイズは 4 KB となっています。

クッキーデータの読み込みおよび書込みにかかわるメソッドは、下記のようになります。

document.cookie = クッキーに保存するデータ
  • クッキーに保存するデータ:クッキー設定時に、クッキーに保存するデータを指定します。

サンプルです。このサンプルでは、初めてページを開いたときに 訪問者のハンドルネームをたずねるプロンプトウィンドウが開き、入力すれば、訪問者の名前付きで 訪問回数を表示します。入力しなければ、『ゲストさん』になります。

続きを読む "クッキーを使って訪問回数を表示する" »

IEの方はこちらから当サイト ブックマークできます。
ランキング参加中!お役に立てたら クリックをお願いします。
当サイト掲載カテゴリは
Yahoo! JAPAN コンピュータとインターネット > データ形式 > HTML > リファレンス