TOPページ > JavaScriptの演算および構文
JavaScriptの演算および構文

JavaScriptの演算および構文

ブログでも使える簡単なJavaScriptをご紹介します。JavaScriptを使えば、マウスが重なったときに色や表示内容を変えるなど、ページを動的に変化させることができます。

HTMLは基本的に大文字でも小文字でもかまいませんが、JavaScriptは大文字・小文字を区別しますので ソースは正しく記述しましょう。

JavaScriptの演算および構文 項目一覧

ホームページやブログなどのウェブサイトで JacaScript を使用する際に、WHILE文を使って 条件が満たされるまで処理を繰り返す方法をご紹介します。この...

ホームページやブログなどのウェブサイトで JacaScript を使用する際に、FOR 文を使って 指定した回数だけ処理を繰り返す方法をご紹介します。 for ...

ホームページやブログなどのウェブサイトで JacaScript を使用して関数などを実行する際に、IF 文を使って 条件が真か偽かで場合分けをする方法をご紹介し...

ホームページやブログなどのウェブサイトで JacaScript の関数を呼び出す基本的な方法についてご紹介します。 function 関数名(引数) { 関数の...

JavaScript における演算子の優先順位についてご紹介します。ホームページやブログなどのウェブサイトで、JavaScript を使って演算を行うことができ...

JavaScript における演算子についてご紹介します。ホームページやブログなどのウェブサイトで、JavaScript を使って演算を行うことができます。 こ...

JavaScript における演算子についてご紹介します。ホームページやブログなどのウェブサイトで、JavaScript を使って演算を行うことができます。 算...

JavaScript における演算子についてご紹介します。ホームページやブログなどのウェブサイトで、JavaScript を使って演算を行うことができます。ここ...

JavaScript における演算子についてご紹介します。ホームページやブログなどのウェブサイトで、JavaScript を使って演算を行うことができます。算術...

JavaScript における演算子についてご紹介します。ホームページやブログなどのウェブサイトで、JavaScript を使って演算を行うことができます。なか...

2006年04月22日

ホームページやブログなどのウェブサイトで JacaScript を使用する際に、WHILE文を使って 条件が満たされるまで処理を繰り返す方法をご紹介します。この構文は、最初から条件が満たされていなかった場合は、処理は一度も実行されません。

while ( 条件 ) 実行する処理
  1. 条件:処理を繰返し実行する条件を指定します。条件式が偽になったら繰返しを抜けて、以降のスクリプトを実行します。
  2. 実行する処理:条件が真の間に繰返し実行する処理を指定します。実行する処理が複数の場合は、{}で括ります。

サンプルです。このサンプルでは、初期値が i = 0 で、i が 10 以下のとき処理を繰り返します。繰返し処理の中で処理を1回実行するごとに i++ で i を1 づつ増加していきますので、11 回処理を実行したところで 繰返しを終了します。

続きを読む "WHILE文を使って条件が満たされるまで処理を繰り返す" »

2006年04月20日

ホームページやブログなどのウェブサイトで JacaScript を使用する際に、FOR 文を使って 指定した回数だけ処理を繰り返す方法をご紹介します。

for ( 初期値 ; 条件 ; 変数の増減 ) 実行する処理
  1. 初期値:繰返し構文を実行する初期値を設定します。
  2. 条件:繰返しを行う条件を指定します。
  3. 変数の増減:処理を一回実行するごとの変数の増減を指定します。
  4. 実行する処理:条件が真の間に繰返し実行する処理を指定します。実行する処理が複数の場合は、{}で括ります。

サンプルです。このサンプルでは、初期値が i = 0 で、i が 10 以下のとき処理を繰り返します。変数の増減は i++ で 1 づつ増加していきますので、11 回処理を実行したところで 繰返しを終了します。

続きを読む "FOR文を使って処理を繰り返す1" »

2006年04月19日

ホームページやブログなどのウェブサイトで JacaScript を使用して関数などを実行する際に、IF 文を使って 条件が真か偽かで場合分けをする方法をご紹介します。

ユーザーの作動や環境などによって処理を分けるのに便利です。ある程度複雑なスクリプトには欠かせない構文の一つです。

if (条件) 条件が真のときの処理 else 条件が偽のときの処理
  1. 条件:真偽を分けるための 条件文を記述します。
  2. 条件が真のときの処理:条件文が真のとき実行する内容を記述します。実行文が複数のときは、{}で括ると、ブロックとして括弧内の処理がすべて実行されます。
  3. 条件が偽のときの処理:条件が偽のとき実行する内容を記述します。条件文が偽のとき 何も事項させない場合は、else 以降は不要です。

サンプルです。

続きを読む "IF文を使って処理を条件分けする" »

ホームページやブログなどのウェブサイトで JacaScript の関数を呼び出す基本的な方法についてご紹介します。

function 関数名(引数) { 関数の内容 }
  1. 関数名:関数を呼び出す際の識別名を指定します。任意名称ですが、オブジェクト名、メソッド名、プロパティ名、true、false、NaN など、JavaScript で予約されている名前は使えません。
  2. 引数:引数がある場合は、引数名を指定します。とくにない場合は、省略できます。複数の引数を指定したい場合は、半角カンマで区切って記述します。
  3. 関数の内容:この関数が呼び出されたときに実行する内容を指定します。

サンプルソースです。

続きを読む "JavaScript関数の基本" »

2006年04月18日

JavaScript における演算子の優先順位についてご紹介します。ホームページやブログなどのウェブサイトで、JavaScript を使って演算を行うことができます。 各演算子には優先順位があり、この順位に沿って演算処理が行われます。

下の表で、同行の演算子の優先順位は、同一です。式に同一の優先順位の演算子があった場合は、左から順番に演算が行われます。

一般の算数と同じように、優先順位の低い演算を先に処理したい場合は、() で括るなどが必要です。

優先順位 演算子
高い




低い
[] ()
++ -- ~ !
* / %
+ -
<< >>
< <= > >=
== !=
&
^
|
&&
||
?:
= += -= *= /= %=

サンプルです。

続きを読む "演算子の優先順位" »

JavaScript における演算子についてご紹介します。ホームページやブログなどのウェブサイトで、JavaScript を使って演算を行うことができます。 ここでは その中でも、ビット演算子について扱います。

& ビットごとの論理積 2つの値で各ビットの論理積を求めます。
| ビットごとの論理和 2つの値で各ビットの論理和を求めます。
^ ビットごとの排他的論理和 2つの値で各ビットの排他的論理和を求めます。
~ ビットごとの反転 各ビットを反転させた結果を求めます。
<< 左シフト 指定された分だけ各ビットを左にシフトします。
>> 右シフト 指定された分だけ各ビットを右にシフトします。
>>> 符号なし右シフト 符号を考慮せずに右シフトします。

サンプルです。

続きを読む "ビット演算子を使って計算をする" »

2006年04月16日

JavaScript における演算子についてご紹介します。ホームページやブログなどのウェブサイトで、JavaScript を使って演算を行うことができます。 算術演算子と同様に代表的なのが この代入演算子で、下表のようなものがあります。

= 代入 値を変数に代入します。
+= 加算 指定された値を加算します。a+=10 は a=a+10 と同じです。
-= 減算 指定された値を減算します。a-=10 は a=a-10 と同じです。
*= 乗算 指定された値を乗算します。a*=10 は a=a*10 と同じです。
/= 除算 指定された値を除算します。a/=10 は a=a/10 と同じです。
%= 余剰 指定された値で除算し、余りを求めます。a%=10 は a=a%10 と同じです。

サンプルです。

続きを読む "代入演算子を使って計算をする" »

JavaScript における演算子についてご紹介します。ホームページやブログなどのウェブサイトで、JavaScript を使って演算を行うことができます。ここでは if文での場合分けなどに便利な論理演算子について扱います。

&& 論理積 2つの値の論理積を求めます。(両方が true の場合のみ true)
|| 論理和 2つの値の論理和を求めます。(片方または両方が true なら true )
! 論理否定 指定された値の論理否定を求めます。
?: 条件 条件が true なら1つ目の文、false なら2つ目の文を実行します。
, カンマ 2つの式を続けて実行します。

サンプルです。

続きを読む "論理演算子を使って計算をする" »

JavaScript における演算子についてご紹介します。ホームページやブログなどのウェブサイトで、JavaScript を使って演算を行うことができます。算術演算子と並んで代表的なものが この比較演算子で、下表のようなものがあります。

< より小さい a<10 は aが10未満のとき true、10以上のとき falseです。
<= 以下 a<=10 は aが10以下のとき true、10より大きいとき falseです。
> より大きい a>10 は aが10より大きいとき true、10以下のとき falseです。
>= 以上 a>=10 は aが10以上のとき true、10未満のとき falseです。
== 等しい a==10 は、aが10のとき true、それ以外のとき falseです。
!= 等しくない a!=10 は、aが10のとき false、それ以外のとき tureです。

サンプルです。

続きを読む "比較演算子を使って計算をする" »

2006年04月15日

JavaScript における演算子についてご紹介します。ホームページやブログなどのウェブサイトで、JavaScript を使って演算を行うことができます。なかでも代表的なものが、この算術演算子で、下表のようなものがあります。

+ 加算 2つの数値の和を求めます。(足し算)
- 減算 2つの数値の差を求めます。(引き算)
* 乗算 2つの数値の積を求めます。(掛け算)
/ 除算 2つの数値の除算を行います。(割り算)
% 余剰 2つの数値の除算を行い、その余りを求めます。
++ インクリメント 変数の値を 1 増やします。a++ は、 a = a + 1 という意味になります。
-- デクリメント 変数の値を 1 減らします。a-- は、 a = a - 1 という意味になります。

サンプルです。

続きを読む "算術演算子を使って計算をする" »

IEの方はこちらから当サイト ブックマークできます。
ランキング参加中!お役に立てたら クリックをお願いします。
当サイト掲載カテゴリは
Yahoo! JAPAN コンピュータとインターネット > データ形式 > HTML > リファレンス