TOPページ >  タイマーや日付、日時を扱う > JavaScriptを使って最終更新日を表示する

JavaScriptを使って最終更新日を表示する

ホームページやブログなどのウェブサイトで 最終更新日を表示したい場合は、 JavaScript を使うと便利です。サーバから保存日時を取得して、自動で最終更新日を 表示させることができます。

このサンプルのソースは、次のようになっています。

<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
LmDate = new Date( document.lastModified ) ;
LmY = LmDate.getFullYear() ;
LmM = LmDate.getMonth() + 1 ;
LmD = LmDate.getDate() ;
document.write( "最終更新日は",LmY,"年",LmM,"月",LmD,"日です。" ) ;
//-->
</SCRIPT>

このソースで使用している主な JavaScript のプロパティは、以下の通りです。

document.lastModified 最終更新日を参照する
    このプロパティは、HTMLファイルが保存されているサーバ上で保存した日時を取得します。 このため、サーバによっては正しい値が返されない場合場あります。
    ご使用の際にはウェブサーバにアップロードして、利用しているプロバイダーのサーバが正しい値を 返すかどうか確認してください。

その他のプロパティは、別ページで紹介していますのでそちらを参照してください。 →JavaScriptを使って今日の日付を表示する

ランキングに参加中です! お役に立てたらクリックをお願いします→

同一カテゴリ内一覧
JavaScriptを使って最終更新日を表示する
JavaScriptで文字を点滅させる
JavaScriptを使って現在の時刻を表示する
JavaScriptを使って今日の日付を表示する
JavaScriptを使ってクッキングタイマーを作る
文字をスクロールして表示する
IEの方はこちらから当サイト ブックマークできます。
ランキング参加中!お役に立てたら クリックをお願いします。
当サイト掲載カテゴリは
Yahoo! JAPAN コンピュータとインターネット > データ形式 > HTML > リファレンス