TOPページ >  タイマーや日付、日時を扱う > JavaScriptで文字を点滅させる

JavaScriptで文字を点滅させる

ホームページやブログなどのウェブサイトで文章を表示させる際に、 Netscape や i モードではBLINKタグを使用して 点滅させることができますが、このタグは InternetExplorer が対応していません。

InternetExplorer と Netscape のどちらでも点滅して表示させたい場合は、JavaScript を使用することをおすすめします。

この文字は、JavaScriptで点滅させています。

このサンプルのソースは、次のようになっています。

<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
var VorH = "visible" ;
var objid=document.getElementById('BlinkArea');
setInterval ( 'blink()',700 ) ; // 0.7秒間隔で繰返し実行します
function blink() {
if ( VorH == "visible" ) {
document.getElementById('BlinkArea').style.visibility='hidden';
VorH = "hidden" ; }
else {
document.getElementById('BlinkArea').style.visibility='visible';
VorH = "visible" ; }
}
//-->
</SCRIPT>
<span id="BlinkArea">この文字は、JavaScriptで点滅させています。</span>

このサンプルでは、BlinkArea という名前の ID を作成し、この ID で指定されたタグ内の文章を、visible(表示)にしたり hidden(非表示)にしたりしています。

この操作は、blink() という関数内で実行され、この関数は setInterval ( 'blink()',700 ) の部分で700/1000秒(つまり 0.7秒)ごとに繰返し呼び出されるという仕組みです。

ランキングに参加中です! お役に立てたらクリックをお願いします→

同一カテゴリ内一覧
JavaScriptを使って最終更新日を表示する
JavaScriptで文字を点滅させる
JavaScriptを使って現在の時刻を表示する
JavaScriptを使って今日の日付を表示する
JavaScriptを使ってクッキングタイマーを作る
文字をスクロールして表示する
IEの方はこちらから当サイト ブックマークできます。
ランキング参加中!お役に立てたら クリックをお願いします。
当サイト掲載カテゴリは
Yahoo! JAPAN コンピュータとインターネット > データ形式 > HTML > リファレンス