TOPページ >  JavaScriptの演算および構文 > ビット演算子を使って計算をする

ビット演算子を使って計算をする

JavaScript における演算子についてご紹介します。ホームページやブログなどのウェブサイトで、JavaScript を使って演算を行うことができます。 ここでは その中でも、ビット演算子について扱います。

& ビットごとの論理積 2つの値で各ビットの論理積を求めます。
| ビットごとの論理和 2つの値で各ビットの論理和を求めます。
^ ビットごとの排他的論理和 2つの値で各ビットの排他的論理和を求めます。
~ ビットごとの反転 各ビットを反転させた結果を求めます。
<< 左シフト 指定された分だけ各ビットを左にシフトします。
>> 右シフト 指定された分だけ各ビットを右にシフトします。
>>> 符号なし右シフト 符号を考慮せずに右シフトします。

サンプルです。

<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
document.write("240 | 15は、 ", 240 | 15 ,"です。<br>");
document.write("255<<1は、 ", 255<<1 ," です。<br>" );
document.write("255>>1は、 ", 255>>1 ," です。" );
//-->
</SCRIPT>

このソースを表示させると、次のようになります。

240 は 2 進数で『 11110000 』、15 は 2 進数で『 1111 』なので、この2つの値の論理和は、『 11111111 』となり、10進数で表記すると 『 255 』になります。

255 は 2 進数で『 11111111 』ですので、これを1桁左にシフトすると、『 111111110 』となり、これを 10進数で表記すると 『 510 』になります。

同様に、『 11111111 』 を 1桁右シフトすると、『 1111111 』となり、これを 10進数で表記すると 『 127 』となります。

ランキングに参加中です! お役に立てたらクリックをお願いします→

同一カテゴリ内一覧
WHILE文を使って条件が満たされるまで処理を繰り返す
FOR文を使って処理を繰り返す1
IF文を使って処理を条件分けする
JavaScript関数の基本
演算子の優先順位
ビット演算子を使って計算をする
代入演算子を使って計算をする
論理演算子を使って計算をする
比較演算子を使って計算をする
算術演算子を使って計算をする
IEの方はこちらから当サイト ブックマークできます。
ランキング参加中!お役に立てたら クリックをお願いします。
当サイト掲載カテゴリは
Yahoo! JAPAN コンピュータとインターネット > データ形式 > HTML > リファレンス