TOPページ >  ウィンドウを開く、閉じる、制御する > 確認メッセージを表示する

確認メッセージを表示する

簡単な JavaScript を使って、ホームページやブログなどのウェブサイトに OKボタンと キャンセルボタン のある確認ダイアログを表示することができます。confirmプロパティを使用します。

OKボタンがクリックされた場合は true、キャンセルボタンがクリックされた場合は false が値として返されます。

いずれかのボタンが押されるまで、スクリプトは次の処理へ進みません。また この間は、ブラウザの操作もできません。

変数名 = ウィンドウまたはフレーム名.confirm(ダイアログに表示する文字列)
  1. 変数名:このダイアログは、OKボタンがクリックされた場合は true、キャンセルボタンがクリックされた場合は false が値として返されます。この値を代入する変数を指定します。
  2. ウィンドウまたはフレーム名:警告ダイアログを表示するウィンドウまたはフレーム名を指定します。省略可能です。
  3. ダイアログに表示する文字列:ダイアログに表示する文字列を改行したい場合は、 ¥n を挿入します。¥t を挿入すると、タブを入れることもできます。

サンプルのダイアログです。

このダイアログのソースは次のようになっています。

<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
res = confirm("サンプルのダイアログです。続きをご覧になるには¥nOKまたは キャンセルをクリックしてください。");
if ( res == true ) { document.write( "OKがクリックされました。") ; }
else { document.write( "キャンセルがクリックされました。") ; }
//-->
</SCRIPT>

ダイアログに表示する文字列や数値は、ソース中の改行をしないでください。エラーの原因になります。ソース中で改行したい場合は、下記のように、"(ダブルクォート)で括って、+(半角プラス)で連結してください。

confirm("サンプルのダイアログです。続きをご覧に" +
"なるには¥nOKまたは キャンセルをクリックしてください"
)
;

この確認ダイアログと類似したプロパティに、警告ダイアログがあります。別ページで紹介していますので、ご参照ください。

ランキングに参加中です! お役に立てたらクリックをお願いします→

同一カテゴリ内一覧
一定時間後に自動でウィンドウを閉じる
ウィンドウをスクロールさせて表示する
確認メッセージを表示する
警告メッセージを表示する
ウィンドウのステータスバーに文字列を表示する
JavaScriptを使って別ウィンドウの表示内容を操作する
window.open() のスタイル指定一覧
ウィンドウのサイズ変更を禁止する
ウィンドウの位置や大きさを指定する
ポップアップウィンドウを開く
メニューバーやスクロールバーの有無を指定する
大きさを指定してウィンドウを開く
ウィンドウを閉じる
ウィンドウを開く
IEの方はこちらから当サイト ブックマークできます。
ランキング参加中!お役に立てたら クリックをお願いします。
当サイト掲載カテゴリは
Yahoo! JAPAN コンピュータとインターネット > データ形式 > HTML > リファレンス