TOPページ >  段落の表示(表示位置、表示/非表示など...) > 段落の表示位置を指定する際の指定方法

段落の表示位置を指定する際の指定方法

HTML言語を使用したホームページやブログなどのウェブサイトで 文字や文章、画像など表示位置を指定する際に、表示位置の指定方法を選択することができます。

<タグ名 style="position:表示位置の指定方法">
  1. タグ名:P や DIV タグなど一般的ですが、ほとんどのブロックタグやインラインタグが使えます。
  2. 表示位置の指定方法:記から選べます。
    static HTMLレイアウト規則にしたがって自動的に決められる座標系
    absolute BODYの左上が原点の絶対座標系
    relative 直前のブロックタグが原点の相対座標系

サンプルソースです。

<html>
<head><title>文章の表示位置の指定</title></head>
<body>
文章の表示位置の指定サンプルページ
<div style="position:relative; top:50px; left:100px">
この段落は、直前のブロックタグ(グレーの領域)を原点とする相対座標系で、上から50ピクセル、左から100ピクセルの位置に表示しています。
</div>

</body>
</html>

サンプルページは、こちらです。

ランキングに参加中です! お役に立てたらクリックをお願いします→

同一カテゴリ内一覧
文章の表示方法を指定する(ブロック/インライン/非表示)
文章の表示順序(奥行き)を指定する
表示位置の指定を使って文字を影付きにする1
タグで括られた文字や文章、画像などの表示位置を指定する
段落の表示位置を指定する際の指定方法
IEの方はこちらから当サイト ブックマークできます。
ランキング参加中!お役に立てたら クリックをお願いします。
当サイト掲載カテゴリは
Yahoo! JAPAN コンピュータとインターネット > データ形式 > HTML > リファレンス