TOPページ >  スタイルシート(CSS)の記述 > 外部からスタイルシートを読み込む

外部からスタイルシートを読み込む

<link>タグを使って、外部からスタイルシートファイルを読み込んで、ページのスタイルを指定することができます。

<link rel="StyleSheet" href="パスまたはファイル名">

という形式で、外部ファイルを読み込みます。読み込まれるスタイルシートファイルの拡張子は、『 .css 』になります。メモ帳などのテキストエディタに定義内容を入力し、拡張子を『 .css 』として保存してください。

外部ファイルを読み込む場合、スタイルシートファイルに
  <style type="text/css">
  <!--
などの宣言は不要です。定義内容だけを列挙してください。

こちらのサンプルページは、 背景画像や色、余白、文字の大きさなどすべて外部のスタイルシートファイルを読み込んで指定しています。

上記ページのスタイルシートファイルはこちらです。(そのままのリンクでは見づらいので、同一の内容をテキストファイルとして保存したものです。

ブログでは、あらかじめ使用するテンプレートにあわせたスタイルシートが用意されており、その外部ファイルを参照しています。

それとは別にスタイルシートを用意して記事欄で読み込むこともできますが、同一の id や class を使用して衝突することにもなりかねませんので、テンプレートが読み込んでいるスタイルシートに追記したほうが良いでしょう。スタイルシートは、ブログの管理画面から編集できます。

ランキングに参加中です! お役に立てたらクリックをお願いします→

同一カテゴリ内一覧
テーブルの余白などのスタイルを指定する
スタイルシートでボタン風リンク文字を表示する
スタイルの共通部分をまとめて記述する
タグを入れ子にして同じクラス/ID名を使い分ける
見出しタグ(H1~H6)のスタイルを指定する
未リンク、訪問済み、リンク中、マウスが重なったときのリンク文字のスタイルを指定する
リンク文字のスタイルを指定する
タグのスタイルを指定する
外部からスタイルシートを読み込む
ページ内で一回だけスタイルを使用する
複数のタグで同一のスタイルを指定する
一時的にスタイルシートを利用
IEの方はこちらから当サイト ブックマークできます。
ランキング参加中!お役に立てたら クリックをお願いします。
当サイト掲載カテゴリは
Yahoo! JAPAN コンピュータとインターネット > データ形式 > HTML > リファレンス