TOPページ >  ページ全体の構成 > ページに使用する文字コードを指定する

ページに使用する文字コードを指定する

ホームページなどのウェブサイトで文章や文字を表示させるには HTMLという言語を使用しますが、このとき ページに使用する文字コードの種類を指定することができます。

通常は 指定しなくてもページで使用している文字コードをブラウザが判別して 自動選択してくれますが、保証されているものではありません。場合によっては、適切に選択されずに文字化けすることがあります。

HTML文書を保存するときの文字コードと、この<meta>タグによる文字コードの指定を同一にすることで、文字化けを防ぐことができます。

(一般的な ブログの場合は、自動生成部分で文字コードを指定してくれますので通常の投稿では 特に気を使う必要はありま せんが、フォームなどを使って他のサイトにデータを送信する場合は、文字コードを統一しないとデータが文字化けしてしまいます。)

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=文字コード">
  • 文字コード:次の3種類から選択できます。
    文字コード意味
    ISO-2022-JPJIS
    SHIFT_JISShift JIS(シフトJIS)
    EUC-JPEUC

この指定は、<head>~</head>間に記述します。また、タイトルの文字化けを防ぐために、<title>タグより前に置いたほうが良いでしょう。

サンプルソースです。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http:/www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP">
<title>テストのページ -ここにページタイトルを記述-</title>
</head>
<body>
これは、EUC-UPのページです。
</body>
</html>

逆に、HTMLファイルを保存したときの文字コードと異なる文字コードを指定してしまうと、文字化けを誘発してしまいますので注意してください。

下記のサンプルページは、上記ソース(EUCを指定していますが)を、わざとシフトJISで保存したものです。文字化けしている様子がご確認いただけると思います。

ランキングに参加中です! お役に立てたらクリックをお願いします→

同一カテゴリ内一覧
フレームのサイズ変更を禁止する
フレームを区切る線の色を指定する
フレームを区切る線の太さを指定する
フレーム分割でスクロールバーの有無を指定する
フレーム非対応ブラウザへの配慮
ページをフレームで分割する
ページに使用する文字コードを指定する
HTML4.01のバージョンを指定する
IEの方はこちらから当サイト ブックマークできます。
ランキング参加中!お役に立てたら クリックをお願いします。
当サイト掲載カテゴリは
Yahoo! JAPAN コンピュータとインターネット > データ形式 > HTML > リファレンス