TOPページ >  画像を表示する/動画/サウンド > インラインフレームを表示する

インラインフレームを表示する

ホームページやブログなどのウェブサイトページ内に、インラインフレームを表示させることができます。インラインフレームとは、ページ内に別のページの内容を埋め込むことができるフレームです。

<iframe src="ページのURL" name="フレーム名" width="フレームの幅" height="高さ" marginwidth="左右の余白" marginheight="上下の余白 scrolling="スクロールバーの表示方法" frameborder="フレーム枠の表示方法" align="表示位置">
インラインフレーム未対応ブラウザのための代替表示文章
</iframe>
  1. ページのURL:インラインフレーム内に表示するページのURLを指定します。絶対パスでの指定をおすすめします。
  2. フレーム名:フレームの名前を指定します。省略可能ですが、別にフレームの操作をする場合に識別名が必要になります。
  3. フレームの幅/フレームの高さ:縦横幅を指定します、値は、ピクセル値です。
  4. 左右の余白/上下の余白:フレームに対して余白を設けたい場合に指定します。値は、ピクセル値です。
  5. スクロールバーの表示方法: auto なら自動、yes なら表示、no なら非表示になります。
  6. フレーム枠の表示方法:フレーム枠を表示するかどうかを指定します。yes なら表示、no なら非表示になります。
  7. 表示位置:フレームの表示位置 (テキストなどの回りこみ) を指定します。center なら中央揃え(回り込みなし)、left なら左揃え(左側に回りこみ)、right なら左揃え(左側に回り込み) というふうになります。
  8. インラインフレーム未対応ブラウザのための代替表示文章:閲覧者のブラウザがインラインタグ未対応の場合は、ここに指定した文章などが代わりに表示されます。

サンプルソースです。

<iframe src="http://html.appelle.jp/sample/animals/animal.html" width="230" height="160">
このページは、インラインフレームを使用していますが、お使いのブラウザは非対応のようです。<br>
→<a href="./sample/animals/animals.html" target="_blank">こちらからリンクしています。</a>
</iframe>

非代替文章の部分にリンクを貼るなどして、非対応ブラウザでもページが閲覧できるようにしておくと親切でしょう。

このソースを表示させると、次のようになります。

ランキングに参加中です! お役に立てたらクリックをお願いします→

同一カテゴリ内一覧
バックグラウンドでサウンドを演奏する(BGM)
インラインフレームを表示する
プラグインで動画やサウンドを再生する
文字や文章、テーブルなどの背景画像の位置を指定する
文章の背景に画像を固定表示する
文章の背景に指定した画像を繰返し表示する
テーブルに画像やボタンを表示する
文章の背景画像を指定する
画像をクリックで拡大させる
画像への文字の回り込みを解除する
画像と文字の上下間隔を指定する
画像と文字の左右間隔を指定する
画像の左右に文字を回り込ませる
画像の表示位置を指定する
画像を表示させる
画像にリンクを貼る
IEの方はこちらから当サイト ブックマークできます。
ランキング参加中!お役に立てたら クリックをお願いします。
当サイト掲載カテゴリは
Yahoo! JAPAN コンピュータとインターネット > データ形式 > HTML > リファレンス