TOPページ >  HTMLの基礎 > タグとは/タグの規則

タグとは/タグの規則

ホームページやブログなどのウェブサイトを表示させるための言語である HTMLは、タグを使って記述します。タグとは、HTML文書の中で 英字を<>で囲んだもので、それぞれに意味を持っており、HTMLファイルを InternetExplorer や Netscape などの WWWブラウザで開くと、ブラウザはタグの意味を解釈しながら ウェブサイトを表示します。

タグの基本的な規則をご紹介します。

  • 半角英数字で記述します。
  • 大文字と小文字は区別しません。
  • 基本的に、タグは2つで1つ。開始タグ(<html>など)と終了タグ(</html>など)で挟んで使用します。
    ※例外的に、終了タグがないものもあります。(改行タグ<br>、水平線タグ<hr>など)
  • 複数のタグを使用する場合には、開始タグと終了タグを正しく入れ子にしてください。
    (例:<タグ1><タグ2><タグ3>文章</タグ3></タグ2></タグ1>

ランキングに参加中です! お役に立てたらクリックをお願いします→

同一カテゴリ内一覧
クイック インデックス(タグ一覧)
タグとは/タグの規則
HTMLの基本構造
IEの方はこちらから当サイト ブックマークできます。
ランキング参加中!お役に立てたら クリックをお願いします。
当サイト掲載カテゴリは
Yahoo! JAPAN コンピュータとインターネット > データ形式 > HTML > リファレンス