TOPページ >  特殊文字、その他 > 一定時間後に別のページへジャンプする

一定時間後に別のページへジャンプする

ホームページやブログなどのウェブサイトのページを一定時間後に、自動で別のページへジャンプさせることができます。一般的には METAタグを使います。

<meta http-equiv="refresh" content="ジャンプするまでの秒数;url=ジャンプ先のURL">
  1. ジャンプするまでの秒数:指定したURLへジャンプする(ページが切り替わる)までの秒数を指定します。
  2. ジャンプ先のURL:指定秒数後にジャンプするページのURLを絶対パスで指定します。

通常このタグは、下記のように<head>~</head>間に記述します。サンプルソースです。

<html>

<head>
<title>ページタイトル</title>
<meta http-equiv="refresh" content="5;url=http://html.appelle.jp/">
</head>

<body>
ページ内容
</body>
</html>

サイトのURLが変更になった場合などに、訪問者を新しいURLに誘導するのに便利です。対応していないブラウザを考慮して、クリックでジャンプするリンクも用意しておいたほうが良いでしょう。

次のサンプルページは、上記ソースで 5秒後に自動でジャンプするように設定してあります。

ブログの場合、テンプレートのHTMLの編集画面でタグを挿入することができますが、面倒であれば、記事の投稿欄に直接記述してしまっても だいたい正常にジャンプします。

この記述は、このタグが読み込まれた時点から 指定秒数後にジャンプする設定です。ページが完全に読み込まれてからジャンプしたい場合は、下記のように<body>タグにジャンプ先を指定するのが良いでしょう。

<body onLoad=setTimeout('location.href="ジャンプ先のURL"',時間)>ページ内容</body>
  1. ジャンプ先のURL:指定時間にジャンプするページのURLを絶対パスで指定します。
  2. 時間:単位はミリ秒です。1秒=1000 ですので 5秒後であれば、5000 と記述してください。

これも ブログの場合、テンプレートのHTMLの編集画面で編集できます。記事投稿欄に記述した場合、正常にジャンプする場合もありますが、同一ページ内に<body>タグが2回登場するイレギュラーな記述ですので、エラーになってしまうかも知れません。

ランキングに参加中です! お役に立てたらクリックをお願いします→

同一カテゴリ内一覧
専門用語を表示する
住所や連絡先を表示する
引用文を表示させる
一定時間後に別のページへジャンプする
見出しタグ(H1~H6)のスタイルを指定する
見出しを表示する
テキストをそのまま表示する
特殊文字を表示する
HTMLに使用される長さの単位一覧
Latin-1 コード表(特殊記号)
IEの方はこちらから当サイト ブックマークできます。
ランキング参加中!お役に立てたら クリックをお願いします。
当サイト掲載カテゴリは
Yahoo! JAPAN コンピュータとインターネット > データ形式 > HTML > リファレンス