TOPページ >  HTMLの基礎 > HTMLの基本構造

HTMLの基本構造

常のウェブサイトは HTML(Hyper Text Markup Language)という言語でソースを記述し、それをブラウザで表示させます。HTMLの基本構造は、<html>、<head>、<title>、<body>タグで構成されます。

  • <html>~</html>
    HTML文書の範囲を囲んで指定します。
  • <head>~</head>
    文書の情報などを記載する範囲を囲んで指定します。ヘッダーと呼ばれます。
  • <title>~</title>
    ウェブサイトのタイトルを記載します。ブラウザのタイトルバーに表示される文字です。
  • <body>~</body>
    本文の部分を囲んで指定します。
<html>
<head>
<title>テストのページ -ここにページタイトルを記述-</title>
</head>
<body>
これは、テストのページです。
- ここに本文を記述 -
</body>
</html>

このサンプルソースをメモ帳などのテキストエディタに入力してください。入力が終わったら 『ファイルメニュー』、『名前をつけて保存』 を選び、『 test.html 』 などと拡張子を 『 .html 』 として保存してください、保存したファイルをクリックすると、下記のサンプルページと同じようにブラウザの新規ウィンドウが開くと思います。

内容を修正したい場合は、クリックで開くとブラウザが起動してしまいますので、右クリックなどで 『プログラムから開く』 を選択し、『Notepad 』などお使いのテキストエディタを選択して開いて編集してください。

HTMLの基本構造はこれだけです。HTMLにはいろいろなタグが用意されていますから、この基本構造に タグを挿入していくことで、オリジナルなウェブサイトを作ることができます。

ランキングに参加中です! お役に立てたらクリックをお願いします→

同一カテゴリ内一覧
クイック インデックス(タグ一覧)
タグとは/タグの規則
HTMLの基本構造
IEの方はこちらから当サイト ブックマークできます。
ランキング参加中!お役に立てたら クリックをお願いします。
当サイト掲載カテゴリは
Yahoo! JAPAN コンピュータとインターネット > データ形式 > HTML > リファレンス