TOPページ >  ページ全体の構成 > HTML4.01のバージョンを指定する

HTML4.01のバージョンを指定する

ウェブサイトは基本的に、<html>、<head>、<title>、<body> の4つのタグがあれば表示することができますが、使用するタグやページの構成によっては、HTMLのバージョンと種類、およびHTMLの構造を決定しているDTDを指定する必要があります。HTMLバージョン情報は、文書型宣言と呼ばれ、一般的な HTML4.01 では 次の3種類があります

  1. 正式なHTML4.01を指定。推奨されていない要素やフレームは使用できません。
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http:/www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
  1. 推奨されていない要素である font や strike などを利用するときは次の宣言になります。
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http:/www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
  1. ウィンドウを分割するフレームを利用するときは次の宣言になります。
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN" "http:/www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">

この宣言は、HTMLの開始タグ(<html>)の上に記述します。 サンプルソースです。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http:/www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
<html>
<head>
<title>テストのページ -ここにページタイトルを記述-</title>
</head>
<body>
これは、テストのページです。
- ここに本文を記述 -
</body>
</html>

このようにバージョンの宣言が決められていますが、実際には文書型宣言があってもなくても、また間違っていても、普通のブラウザでは問題なく表示されることが多くあります。

ランキングに参加中です! お役に立てたらクリックをお願いします→

同一カテゴリ内一覧
フレームのサイズ変更を禁止する
フレームを区切る線の色を指定する
フレームを区切る線の太さを指定する
フレーム分割でスクロールバーの有無を指定する
フレーム非対応ブラウザへの配慮
ページをフレームで分割する
ページに使用する文字コードを指定する
HTML4.01のバージョンを指定する
IEの方はこちらから当サイト ブックマークできます。
ランキング参加中!お役に立てたら クリックをお願いします。
当サイト掲載カテゴリは
Yahoo! JAPAN コンピュータとインターネット > データ形式 > HTML > リファレンス