TOPページ >  テーブルを作成する > セルとセルの間隔を指定する

セルとセルの間隔を指定する

ホームページやブログなどのウェブさいとに 表を表示するには、TABLEタグを使ってテーブルを作成しますが、このとき セルとセルの間隔を指定することができます。ここでいう間隔とは、セルを囲む内枠同士の間隔のことです。 TABLEタグ内でcellspacing属性を使って指定します。

<table cellspacing="セルとセルの間隔"></table>

という記述になります。値はピクセル値です。
サンプルソースです。

<table cellspacing="10" border="1">
<tr><td rowspan="2">運賃</td><td>おとな210円</td></tr>
<td>ことも110円</td></tr>
</table>

このソースを表示させると、次のようになります。

運賃おとな210円
ことも110円

cellspacingの値を『 0 』にすると 内枠同士がぴったりくっついて、1本の線のように見せることができます。

ランキングに参加中です! お役に立てたらクリックをお願いします→

同一カテゴリ内一覧
テーブルの余白などのスタイルを指定する
テーブル自動作成フォーム2
セル内の文字/画像の縦方向表示位置を指定する
セル内の文字/画像の横方向表示位置を指定する
セル内の余白を指定する
セルとセルの間隔を指定する
テーブルの背景画像を表示する
テーブルの背景色を指定する
テーブル枠の色を指定する
テーブルに枠をつける
テーブルの左右に文字/画像を回り込ませる
テーブルに表題をつける
セルのサイズを指定する
テーブルのサイズを指定する
テーブルに画像やボタンを表示する
横にまたがるセルを作る
縦にまたがるセルを作る
テーブルを作成する
テーブル自動作成フォーム
IEの方はこちらから当サイト ブックマークできます。
ランキング参加中!お役に立てたら クリックをお願いします。
当サイト掲載カテゴリは
Yahoo! JAPAN コンピュータとインターネット > データ形式 > HTML > リファレンス