TOPページ >  ウィンドウを開く、閉じる、制御する > メニューバーやスクロールバーの有無を指定する

メニューバーやスクロールバーの有無を指定する

JavaScriptの、window.open() を使って新規ウィンドウを開く際に、メニューバーやツールバーの有り無しを指定することができます。

新規ウィンドウを開く際の基本形は、下記のようになります。

<a href="javascript:void(0)" onclick="window.open(ジャンプ先URL', 'ウィンドウの指定', 'スタイル指定');">
  1. ジャンプ先URL:ジャンプ先のURLを、絶対パスで指定します。
  2. ウインドウの指定:下記の中から指定できます。省略すると、今のウィンドウがジャンプ先のURLに切り替わります。今のウィンドウを残したい場合は、『_blank』とするとよいでしょう。
    _top今のフレームのトップページ(フレームが属するウィンドウ)
    _blank新しいウィンドウを開く
    _self今のフレームまたはウィンドウ
    _parent今のフレームを取り囲む一つ上の親フレーム
  3. スタイルの指定:ここで menubar=no,toolbar=no すると、メニューバーとスクロールバーを非表示に設定できます。反対に yes にすれば、表示の指定になります。
    この他にもウィンドウの大きさや、スクロールバーの有無などさまざまなスタイル指定をすることができます。この場合、,(半角カンマ)で区切って併記します。
    →その他の指定はこちら 『window.open()スタイル指定一覧

このサンプルのソースは、下記のようになります。

<a href="javascript:void(0)" onclick="window.open('http://html.appelle.jp/sample/linktest.html', '_blank','width=500,height=210,menubar=yes,toolbar=yes');">ウィンドウを開く</a>

ボタンで表示させたい場合は、こちらです。

ソースを示します。黒文字部分は、アンカータグを用いた場合と同じです。

<button onclick="window.open('http://html.appelle.jp/sample/linktest.html', '_blank', 'width=500,height=210,menubar=yes,toolbar=yes');">ウィンドウを開く</button>

ランキングに参加中です! お役に立てたらクリックをお願いします→

同一カテゴリ内一覧
一定時間後に自動でウィンドウを閉じる
ウィンドウをスクロールさせて表示する
確認メッセージを表示する
警告メッセージを表示する
ウィンドウのステータスバーに文字列を表示する
JavaScriptを使って別ウィンドウの表示内容を操作する
window.open() のスタイル指定一覧
ウィンドウのサイズ変更を禁止する
ウィンドウの位置や大きさを指定する
ポップアップウィンドウを開く
メニューバーやスクロールバーの有無を指定する
大きさを指定してウィンドウを開く
ウィンドウを閉じる
ウィンドウを開く
IEの方はこちらから当サイト ブックマークできます。
ランキング参加中!お役に立てたら クリックをお願いします。
当サイト掲載カテゴリは
Yahoo! JAPAN コンピュータとインターネット > データ形式 > HTML > リファレンス